【無料公開】期間限定でアラサーをめぐる暮らしのマガジンを始めます!

明けましておめでとうございます、ナースあさみ(@asami300765)です。

2018年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

さて、元旦から新しいコンテンツのお知らせです。

突然ですが、30歳にもなるとキャリア、結婚、出産、介護など
ライフイベントやライフプランに大きく関わる出来事が
たくさん起こりませんか?

そこで
みんな実際どうなの?
どう思ってるの?
私の考えは普通なの?そうじゃないの?

こういうことをシェアしたい&されたい…
ということで

期間限定マガジン

アラサーをめぐる暮らしのマガジン

始めます。

 

あ。私だけで運営するのではなく
イントラサロンで出会ったアラサーメンバーと
リレー形式で運営していきます。

私以外のメンバーは以下の5名

 

マガジンを始めるにあたっての詳しい動機は
以下のnoteを参考にしてみてください。

 

さて、第1週はnoteを無料公開!ということで
ブログでも公開していきますね。

ここからどうぞ_________________

さて、始まりましたアラサーをめぐる暮らしのマガジン。
一発目はナースあさみの記事となります。
これから3ヶ月間、どうぞよろしくお願いいたします。

今週のお題は【年末年始の過ごし方】

結論から言いますと私の年末年始は毎年仕事です。

ナースと名乗っているのでおわかりの方も多いと思いますが
私の本業はナースです。

と言っても、派遣雇用のナースなので
スケジュールを全て自分で管理することができます。

大晦日、元旦ともに休むことも出来るんですが
家にいてテレビみてるだけなんてつまらない。
ゴロゴロしてるとどんどん肥えていきますしね…
それなら身体を動かして仕事してた方がいいんです。

それから、年末年始に旅行や帰省を合わせる人も多いと思いますが
私からするとこれも意味がわかりません。

わざわざ混んでて高いタイミングに旅行する必要ある?
と思っています。
私の家族全員がシフト制の仕事をしているため
旅行や帰省のタイミングはいつも閑散期にずらしているんです。

この時期にしかみんな休めない、というのなら仕方がないと思いますが
それを他で代替出来るならそっちの方がよっぽどいいと思います。
閑散期は安いし空いてるし、従業員の人たちも心に余裕があるし
いいことずくめです。

最後にこれが一番まじめな理由ですが
年末年始はいろいろな事情で入院を余儀なくされている患者さんが
よくわかるタイミングでもあります。

・家族が帰省するために預けられる感覚で入院してくる人
・誰もお見舞いに来なくてひとりぼっちの人
・入院費が払えず生活保護を申請する人
・家に帰ろうにも生活能力が乏しい人

世の中が新年お祝いムードの中、こうして社会とは切り離されているところで
ひそやかに年末年始を過ごしている人たち。
こういう人たちがより浮き彫りになります。

こうした人たちを忘れないためにも
大晦日と元旦に仕事をしてる部分もあります。

大晦日も元旦も認識できないような患者さんもたくさんいますが
それでも
「今日は大晦日だからお蕎麦ですよー」
「お正月だから少しだけおせち食べましょうねー」
と言うと、伝わるんですよね。

以上が私の年末年始の過ごし方です。
世間が思うような年末年始とはかけ離れていると思いますが
誰かが喜んだり楽しんでるのは他の誰かが仕事をしているから
だと思っています。

皆さんはどんな年末年始を過ごしていますか?

__________________ここまで。

 

いかがだったでしょうか?

このような記事をほぼ毎日更新していきます。
興味のある方はこちらから。

アラサーをめぐる暮らしのマガジン

みんな買って( ´ ▽ ` )

ではまた。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です