若いうちに海外経験を積む3つのメリットとは?

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

年に1回、意識的に海外へ渡っている私。
先日はニュージランドに1週間ほど行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレナムというワイン生産が盛んな地域に
友人が住んでいるのでそこに泊めてもらうスタイル。

海外経験というと
留学やワーホリのように
ある程度長期間滞在しなきゃいけない!
と思っている方も多いと思いますが
そんなことはありません。

夏休みの1週間の滞在でも
立派な海外経験だと思っていますし
海外経験の価値は時間ではなくその中身だと思っています。

10代の頃から

  • アメリカ(グアム、ハワイ、NYC)
  • タイ
  • ラオス
  • 香港
  • イギリス
  • フランス
  • イタリア
  • オーストリア
  • トルコ
  • ニュージーランド
  • オランダ

と、旅してきた私。

その中で感じたメリットを3つお伝えしていきます。

日本人であることを理由に差別される経験ができる

日本国籍の人が日本で暮らしていると
人種を理由に差別されることはほとんどありません。

しかし海外では当たり前のように差別されます

海外旅行の場面でいうとまずは入国審査でしょうか。

国籍や永住権の有無によって
並ぶレーンが違い、待遇が異なることだってあります。

友人から聞いた話では
国籍や住んでいる地域によって
機内への案内順が決まる航空会社もあるそうです。

私の例をお話しますと
フランスのモンサンミッシェル近くのホテルに泊まる際
アメリカ人の団体客とブッキングしてしまい
個人手配していた私たちの部屋は
いとも簡単にアメリカ人に明け渡されてしまいました。

「ツアー客でもない日本人に泊まる部屋はない」
とまで言われましたからね…

日本の常識が通じないことはもちろん
日本人であることが弱点になることだってある

こういう経験は海外に行かないとできないので
本当に貴重だなと思います。

交渉術やコミュニケーション能力が高まる

日本語は日本人にしか通じませんが
英語は様々な国籍の人とのコミュニケーションツールになってくれます。

英語を得意にする。
これは単に受験や就活に有利だからという訳ではなく
自分の世界や見聞を広めるために必要なツールです。

そうそう。
さきほどのモンサンミッシェルでの件ですが
泣き寝入りして野宿するような私ではありません。

たどたどしい英語でホテル側と交渉して
なんとか他のホテルに部屋を手配してもらい
ブッキングの弁償として夕食の会計を無料にしてもらいました。

※金田一少年に出てくるようなスリリングなホテルだった

日本人は交渉が苦手、とよく言いますが
それはやってもらって当たり前という感覚のせいかもしれません。

海外では自分で動かない限り何も動きません。
助けてもらいたくても助けてと発信しない限り
誰も助けてくれないのです。

相手と交渉してお互いが納得できるポイントを探す
海外でのコミュニケーションはそれを鍛えるいい訓練になります。

自分ひとりの無力さを知る

私はよくちっぽけ感と言いますが
毎年海外にいく理由はこれなんです。

自分ひとりの無力さを目の当たりにするために
海外に行っています。

例えば、日本で新幹線に乗り遅れたとします。

でも、それを解決するための方法は思いつける実現できます。
みどりの窓口に行ったり、駅員さんに聞いたり
最悪クレジットカードがあればなんとかなります。

では。
ヨーロッパの特急列車であるユーロスターに乗り遅れたらどうでしょう?

みどりの窓口はありません。
駅員さんも近くにいませんし
いたところでなんて話しかけますか?
クレジットカードが使えるかわからない。
Wi-Fiも通じないから他の経路が探せない。

日本で当たり前に実現できていることが
場所を変えただけで全然できなくなる。
この場面で自分の生きる力やスキルを試されるんです。

こういう場面で
あぁ、私ホントにちっぽけだな…
って思いながらも問題を解決するために踏ん張る。

これが海外経験の魅力だと思います。

まとめ

今私は30歳になりますが
若いうちから海外経験を積んできて
本当によかったと思っています。

貯金するくらいなら海外に行ったほうがいい。
それが難しいなら
外国人が多いお店にいく、イベントに参加するなどなど
方法はいくらでもあります。

自分の人生をよりよくしたいなら
まずは自分に投資!ということで
海外経験はおすすめです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です