看護師は身内の医療相談にこうやって答えてるよ!をシェア

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

 

 

看護師をしていると、身内や友人からいろんな相談をされます。

できる範囲で答えているんですが、今回、めちゃくちゃいいケースがあったので紹介させてください。

 

 

というのも、私の祖母が乳がんになりました。

これに関しては、うんそっか!という感じなので心配はご無用です。

彼女、これまでにも、脳梗塞、高血圧、認知症、酔っ払って転倒からの大腿骨頸部骨折、糖尿病、心不全…と、病気の経験値高めな人生を送っているので、家族もまたか…!という認識。

それに、本当に自由な人で、人生を思う存分に謳歌したから、もう、いろいろ大丈夫。

 

その先が肝心。以前、私は外科病棟にいたんです。しかも乳腺外科。だから、乳がんのケアは十八番なんですね。

そんな私に、乳がんと聞いてあわてふためく叔父から怒涛のLINEがきたので、個人情報は伏せつつ、どんな風に答えたのかをシェアしてみます。

医療従事者はこんな風に考えてるよ〜!
が、伝わったらいいな。

 

 

ここから

===

お母さんから、おばあちゃんが乳がんだと聞きました。
LINE
でシェアされた質問内容に看護師の立場で解答しています。

残念ながら、おじさんの欲しい言葉ではなく、一部厳しい言葉があるかもしれないけれど、許してください。

 

Q:がんが進んだ場合、痛みってどの程度のものなの?

A:がんに対する痛みには、普通の飲み薬の他に、医療用麻薬を使うことが多いです。

麻薬と聞くとびっくりするかもしれないけれど、がん患者さんに使用する場合は、いわゆるテレビや新聞の報道にあるような頭がおかしくなるような症状は出現しにくく、むしろがんの痛みの緩和に有効だと言われています。

ただ、がんの痛みの感じ方や、薬に効き方には個人差があります。

まったく痛くない人もいれば、痛みで眠れない人もいます。こういう人には、睡眠導入剤や精神安定剤を併用することもあります。

症状が進行し、飲み薬が難しくなった場合には貼り薬や座薬もあるし、点滴で投与することも可能です。

 

 

Q84歳でも、手術はした方がいいの?

A:今は、100歳でも手術する時代です。なので、担当の先生が手術しましょうといえば、手術も選択肢のひとつなんだ!くらいの認識で良いと思います。

一方で、手術のリスクもあります。

手術に際しては医療用麻薬を使いますし、人工呼吸器で呼吸を管理するので肺炎のリスクがあったり、手術時間のあいだ寝たきりになるので血栓ができる可能性もあります。

術後は、体力が落ちて寝たきりに近い状態になったり、昼夜逆転して認知症症状が進んだりすることだってあります。

これは、もう手術をしてみないとわからないことなので、あくまで可能性だと思ってもらえるといいかと。

 

 

Q:実際どれくらい手術が行われているの?

A:かなりの人が手術している、って感じかな。基本的に診療って、診療ガイドラインがあって、それにのっとってやってるの。

手術適応の人はしたほうがいいというのが医療従事者の認識。私も手術できるなら、したほうがいいんじゃないかな~と思う。

手術の痛みは一瞬だけど、手術しないでがんを温存した場合、痛みがどんどん増悪していくことだってある。

痛みのなにがつらいって、本人が痛いのはもちろん、苦しんでいる姿を見る周りに人たちがつらいんだよね。

おじさんは、メンタルが強いタイプじゃないと思うので、そばでおばあちゃんが苦しんでいる姿なんて見てられないかもしれないから、そういう意味でも手術という選択肢はアリだと思うよ。

 

 

Q:寿命との兼ね合いで積極的な治療を見合わせる様な事をするの?

A:見合わせることもあるけれど、外科医の視点でいえば全身麻酔に耐えられなさそうな場合のみ、かな。

原則は、抗がん剤や放射線療法含め、治療をすすめるのがスタンダード。手術をする時って、心臓と肺の機能、そして腎臓の数値あたりを見るのだけれど、明らかにこれらが悪い人には手術は勧めない。

麻酔をかけた瞬間に亡くなってしまうこともあるからね。

よっぽどじゃない限り、手術することが多いかな。あとは、抗がん剤は放射線療法もあるので、ケースバイケースって感じ。

 

 

いずれにせよ、先生から話を聞いて

おばあちゃんが自分で決める選択が一番ベターだと思います。

おばあちゃんの身体だし、おばあちゃんの人生なので。

 

===

ここまで。

 

また、進捗があったらブログ書きます〜

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です