コストコへ行くと疲れるあなたへ。買い物疲れしない4つのコツを伝授!

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

コストコ

それは海外発の会員制大型スーパー。
日用生活用品好きの聖地でもあります。

  • 商品が大きい
  • 店内が広い
  • たくさん買わないと損した気分になる

という特徴をもつコストコ。

それゆえに、一度買い物に行くと

ヘトヘトに疲れる方も
多いんじゃないでしょうか?

特に買い物を終えた後の始末が大変ですよね…

そこで今回はコストコ会員歴5年の私が
できるだけ疲れない買い物のコツを伝授していきます。

※写真は大人気の海鮮バラちらしとシーザーチキンサラダ




 

 上着を持参しよう

コストコって店内全体が巨大な冷蔵庫みたいなものなんです。

 

 

 

 

 

 

特に、生鮮食品や冷凍品のコーナーは

冬でも極寒です。

なんだかんだ1〜2時間くらいは買い物しているので
ずっと居ると冷えきってしまいます。

一枚羽織るものがあると安心です。

足元はスニーカーで

コストコってかなり歩きます。

しかも、巨大なカートを押して歩くので
うっかり自分の足をひいてしまうこともあります。

混んでて人を避けようとすると尚更です。

それに、試食でお肉やソーセージを焼いていると
油が床に飛んでかなり滑りやすくなります。

出来たらクロックスのようなサンダルではなく
安全面からでもスニーカーをオススメします。

フードコートは買い物の最初に楽しもう

コストコのお楽しみの1つ、フードコート。

買い物終わりに食べる方が多いんじゃないかと思います。

ただですね。
そうすると

買い物し終わって疲れている中
席を取って並んで買って食べて
車に荷物積んで・・・って

更に疲れを助長するんです。

それから
買ってしまった冷蔵品や冷凍品はどうしましょう。

クーラーボックスがある人はいいかもしれませんが
ない人は食べてる間に温まってしまいます…
夏は悲劇です。

それに、買い物終わりに空腹でドカ食いするよりも
買い物前にしっかり食べてから買い物した方が
疲れが少ない気がしています。

シェアはその場で

 

 

 

 

 

 

仲間や友人とシェアすることの多い
コストコでのお買い物。

車の中や家に帰ってから分けるのって
本当に面倒なんです!

それだけでまた疲れが増します。

なので
買ったその場で分けてしまうのがおすすめ

私がいつも持参するのは

  • ジップロックの袋
  • 使い捨てのビニル手袋
  • 手指アルコール消毒剤

この3つがあればお肉でもお魚でも
その場でシェアできて便利です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

コストコ行くのは好きだけど
毎回疲れてヘトヘトになってしまう…

そんな方のお役にたったら嬉しいです。

ではでは。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です