コリン性蕁麻疹って知ってますか? 〜看護師の私がタダで完治させた方法とは?〜

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

 

突然ですがわたし
高校生の頃は夏が嫌いでした。

理由は汗をかくから。
汗をかくと蕁麻疹が出てしまう
コリン性蕁麻疹という病気になってしまったんです。

コリン性蕁麻疹とは・・・

コリン性蕁麻疹発汗刺激により生じる場合が多いが、ストレスや不安や興奮など、生じる原因は数多くある。膨疹とその周囲に紅斑を伴うという特徴的な発疹を生じる。痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。一過性であり、をかくたびに生じる。発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でアセチルコリンが分泌され膨疹が生じるというものがある。また、心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがあるが、その蕁麻疹が起こる原因の多くはアセチルコリンが関与していることが最近、分かってきた。
(引用:Wikipediaより)

よかったらこちらも参考に。
コリン性じんましん – 発汗や運動で1~2mmの膨らみが広がる|蕁麻疹(じんましん)事典

 

蕁麻疹が出るとなにより痒いですし
自分の姿が醜くて醜くてしょうがない。
思春期なのでなおさらそう思っていました。

アナフィラキシーショックまではいかないものの
まぶたや喉まで腫れてくると
・息が苦しい
・前が見えない
と、かなり悶えておりました。

なんとか治したくて
いろいろネットで調べたり
皮膚科にも行きました。

ステロイドの薬を飲んでもダメ。
保湿剤を塗ってもダメ。
運動の習慣をつけて汗をかいてもダメでした。

お風呂に入ると確実に汗をかきます。
毎日オバケみたいになってへこんでいる私を見兼ねて
母もたくさん協力してくれました。

そんなある日。

母から
干したみかんの皮をいれてお風呂に入ると
すごく汗をかくし肌にもいいんだって!!
はなまるマーケットでやってたの!

と得意げに伝えてきました。

[voice icon=”https://asami300765.com/wp-content/uploads/2017/08/2017-06-26-14.18.18-e1503994989916.jpg” name=”あさみ” type=”big l”]え・・・みかん?[/voice]

と、思いましたが
八方塞がりだった私にはそれしか方法がありませんでした。

みかんの皮は干すと陳皮という漢方にもなってるくらいだし
みかんの皮で治るならなんでもやったるわい!!
という気持ちでした。

 

そうそう。
そもそもコリン性蕁麻疹を発症した原因ですが

中学生の頃は毎日部活で汗をかいていたのに
高校生になってからは部活に入らなかったため
汗をかく習慣がなくなってしまったんです。

そのため、たまに汗をかくときに身体にストレスがかかるようになって
蕁麻疹というかたちで発症したんではないか?
と、当時受診した皮膚科では言われました。

 

こういう経緯があったため
私が蕁麻疹を克服するには

蕁麻疹を出さないよう
汗をかく習慣を作る

を徹底すればいいのでは?と思うようになったんです。

 

さっそく、干したみかんの皮風呂に入ってみると
みかんの成分のせいか少しだけ肌がチクチクしました。

蕁麻疹が出るときもチクチクするので
[voice icon=”https://asami300765.com/wp-content/uploads/2017/08/2017-06-26-14.18.18-e1503994989916.jpg” name=”あさみ” type=”big l”]みかんもダメか…[/voice] と思っていたところ

チクチクがどんどんおさまっていき
汗をかいても皮膚がボコボコしてきません。

[voice icon=”https://asami300765.com/wp-content/uploads/2017/08/2017-06-26-14.18.18-e1503994989916.jpg” name=”あさみ” type=”big l”]お…?これは…いける!![/voice]

調子にのってダラダラ汗をかいたら
さすがに少しは蕁麻疹が出ましたが
いつもの1/10くらいのダメージ。

っしゃーーーーー!!!!

わかりますかね…
悩まされていた症状が抑えられる喜び。
かゆみからの開放感。
ボコボコにならない皮膚。

 

[voice icon=”https://asami300765.com/wp-content/uploads/2017/08/2017-06-26-14.18.18-e1503994989916.jpg” name=”あさみ” type=”big l”]ねーーーーみてーーーー!
みかんの皮凄く効いたよ!!
いつもより全然出てないでしょ?
[
/voice]

と、嬉しすぎて高校生のクセに全裸で母の前まで行きましたからね。
もう二人で歓喜でしたよ…

 

それからというもの
冬になると毎日みかんを食べて
それをベランダや日当たりにいいところで干して
その皮でお風呂に入る習慣がつきました。

さすがに冬だけのみかんの量では
1年分のお風呂の量としては足りず
大人になった今でもお友達や近所の人に協力してもらっています。
ありがたい…!!

実をいうと、それほどみかん自体は得意じゃないのですが
皮のために頑張って食べてます。

シャワーだけの人も今では増えていると思いますが
私は蕁麻疹を出さないようにするためにも
週に4~7日は湯船に浸かっています。

ではここで
干しみかんの作り方をご紹介します。

干しみかんの作り方

  1. みかんの皮を重ならないようにして紙または新聞紙の上に並べる。
  2. 天日でも影干しでもいいので3日くらい干す。

以上です。

コツは
みかんの皮でみかんの皮を叩けるくらい
パリパリになるまで干すこと

それをキッチン用のネットに3つくらいいれてお風呂に入るだけ。

みかんの皮をお風呂で揉むとよりみかん効果(ぴりぴり感)を感じられます。
※肌に合わない方は無理しないで下さい。

 

まとめ

以上が私のコリン性蕁麻疹を完治させたエピソードです。

看護師だから、というわけではありませんが
これは完全に民間療法です。
そのため、この方法が合うか合わないかは
人それぞれになってしまうと思います。

しかし

その人にとって
何がお薬になるかわからない
ということはお伝えしておきたい。

  • 納豆
  • ヨーグルト
  • アボカド

が効く人もいれば

  • いつも使っているふわふわ毛布
  • 庭の風景が見える寝室
  • お子さんやお孫さんの声

こういうものが結果的に症状改善の効果をもたらす人も
いるかもしれません。

私だってなんでみかんの皮が効いたのかわかりません。
看護師になってからいろいろ調べましたが
陳皮という成分が私の体質にたまたま合った
としか言いようがないんです。

何か治したいことがあったら
たくさん試してみて下さい。
なんでも試してみて下さい。

いつか必ず自分に合うものがみつかるはずです。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です