現役ナースおすすめ 高校生でもわかりやすく学べる医療系漫画シリーズ3選はコレだ!

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

先日、知り合いのお子さんが看護師を目指しているということで

あさみちゃん
高校生でもわかりやすく学べる医療系のマンガってなんか知らない?

と、質問がありました。

そこで

  • 学生時代にお世話になった本
  • 今も好きで読んでいる本
  • マンガとしても面白い本

これらをご紹介していきます。

細胞のはたらき=業務内容がわかる本

これはたまたま古本市で見つけたのですが
本当面白い。

ちなみに
表紙の白い方=白血球
           赤い方=赤血球

と、なっています。

白血球がイケメン風に描かれていますが
その作用も本当イケメンで惚れそうになります…

主に免疫系の内容が多く
その仕組みや機序が
アクティブかつ丁寧に描かれています。
  • 風邪をひいたとき
  • くしゃみをしたとき
  • 傷が治るとき
こういう時、身体の免疫たちが
どんなふうに頑張ってくれているか
知ることが出来ます。

 

看護学生さん向けに言うと
ヘルパーT細胞やキラーT細胞の違い
ちゃんと描写されています。

獲得免疫についても描かれているので
分厚い解剖生理学の教科書よりも
よっぽどためになるかと思います。

がんや感染症など
人のいのちが奪われるしくみがよくわかる本

タイトルがだいぶ怖いかもしれませんが
 死を考えることは人生を見つめること
というわけで、オススメです。

 

作者の森皆ねじ子さん。
一般の人からしたら有名ではないかもしれませんが
医学生、看護学生はかなりお世話になっているはずです。

というも、森皆ねじ子さん御本人が
お医者さん兼漫画家さんという肩書きの持ち主だから。

 

医療用語は満載ですが
マンガを用いてわかりやすく
成り立ちや歴史、仕組みを解説してくれています。

コンテキスト満載の解剖まんが

the 王道です。
最近またNHKの特集で人体をやっていますよね。
お金をかけて取材して編集しているので
よく出来ていると思います。
 
データは20年以上前のものが載っていたりしますが
大まかな内容に大差はないので大丈夫。
  • 体の中から体をみる
  • 体内を冒険する

このような視点がまんがならではだなと思っています。

3巻までのシリーズものなので
全巻集めるのもおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まんがとしても面白く
人体の仕組みについても学べるものを集めてみました。

参考になったら嬉しいです。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です