はあちゅうさんに質問した4つのこと

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

またまたはあちゅうさんの話題で恐縮ですが
お付き合い下さい。

▼はあちゅうさん関連の過去記事はこちら

 

だってだって!
はあちゅうさんと二人でお話する機会なんて
そうあるもんじゃない!!!!

いつか聞いてみたいと思っていたことを聞かなくて
いつ聞くんだ…今でしょ!
と思い、私からいくつか質問を用意していました。

実際は始まって早々、はあちゅうさんからマシンガンの如く質問されて
私があわあわしていたのですが…

完全に私の独断と偏見で質問を用意したので
参考になるかは不明ですが
はあちゅうファンの方、どうかご査収ください。

 

Q1:はあちゅうさんが目指す作家としてのゴールは?

A1 :自身の作品がドラマや映画などの映像化されること。10万部売れる。本屋大賞など名のある賞を取る。

はじめにこれを聞きました。

以前、肩書き論で炎上されていたはあちゅうさん。
私はすでに作家として成功されていると思っているのですが
ご自身では作家としての成功をどうお考えなのか聞いてみました。

まずは映像化。

はあちゅうさんのお話によると
書籍に寄る印税と映像の原作者としての印税は
10倍違うんですって。

こう書くとはあちゅう=金の亡者
みたいなイメージになってしまいますが
それだけお金がかかるコンテンツだからこそ
関わった人へのリターンが大きいんだと思います。

それから10万部。

出版業界で売れた、とされるのが10万部なんだそう。
この実績があるとどの出版会社でも
概ね取り合ってくれるらしいです。

さいごに賞をとる。

ご本人は具体的な例として本屋大賞とおっしゃってましたが
きっと歴史に刻まれような賞も取りたいんじゃないかな
なんて私は勝手に思ってしまいました…

Q2:終活ノートにはどんなことを書いているの?

A2:親への感謝。通帳や印鑑など大事なものがどこにあるかを書いている。

以前、どこかのメディアで
終活ノートを書いているとおっしゃってたのを聞いて
ナースである私は非常に気になりました。

  • はあちゅうさんは人生の最期をどう考えているんだろう?
  • 何を残したいのだろう?

って。

まずは鉄板、親への感謝。
はあちゅうさんだけじゃなく
ナース目線からみても
ほとんどの人がこれを考えている印象です。

次に大事なものの場所を伝えておくこと。
使っていない口座もそのまま10年経てば
預金は国のものになってしまいます。
(知ってました?)

そういうものを整理して
家族に伝えておきたい、とおっしゃってました。

余談になりますが、私の祖父が亡くなった時
大事なものの場所を誰にも伝えておいてくれなかったために
警察が出動して金庫をぶちあける、という事態になったことがあります…

いつどこで何があるかわからないので
大事なものの場所は必ず元気なうちに
誰かとシェアしておくことを念を押してオススメします。

Q3:文脈のある編集とは?

A3:テレビでもそうだけど面白かったところ、そこだけを切り取っても面白くない。ある程度の流れがあってはじめて面白さが成り立つもの。

以前、オンラインサロンでこういう言葉が出てた気がするのですが
イマイチ言葉の概念理解が私には難しくて
ご本人にもう一度確認した、という次第です。

さらに続けて

オンラインサロンがいい例ですが
もともと私に興味がある人への伝え方(文脈がある)と
サロン外の人や私を知らない人への伝え方(文脈がない)には違いが出る。

ともおっしゃっていました。
そりゃそうですよね。

Q4:もし言葉を使えなくなったらどうする?

A4:今でも手がなくなったら…とか考えるけどその先を考えられない。たぶん言葉がないと私、生きられない。

ナースとしてはこの質問をどうしても聞いてみたかった…!

ナースという仕事柄と超高齢社会という今の社会を踏まえると
言語的コミュニケーションが難しい、ってか無理
という人と関わらざるを得ない現状があります。

2歳の時から作家を目指していたはあちゅうさんにとって
言葉を奪われるってどういうことなんだろう、と
ずっと気になっていました。

その答えがこちら。
なんともはあちゅうさんらしい答えだなと思いました。

まとめ

以上、私がはあちゅうさんに質問した4つのことです。

写真がほとんどなくてすみません。
もう話すのに夢中で
写真もご飯しか撮っていないという失態。

次にお話するチャンスがある時は
自分でカメラマンを雇って同行させようと
心に強く誓いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です