気軽に旅行を楽しみたいあなたへ #サク旅 のススメ ~金沢編~

突然ですが

[voice icon=”https://asami300765.com/wp-content/uploads/2017/08/2017-06-26-14.18.18-e1503994989916.jpg” name=”あさみ” type=”big l”]旅行は大好きだけど手配や準備が面倒だし、貴重な休みを潰してまで行きたいわけじゃない[/voice]

こんな風に思っている方
多いのではないでしょうか?

そんなあなたへ。
はあちゅうさん(@ha_chu)が提案している
#サク旅 がおすすめです。

サク旅とは・・・
サク飯感覚のサクッとした旅。

1泊2日という制限の中で、
「観光名所にひたすら行く」という従来の
観光旅行のことはいったん頭から捨て去って、
やりたいことを貪欲に追い求めるという旅。

サク旅ルール

【1】次の日の夜には家にいること。

1泊2日でどこかにサクッと行って、次の日の夜にはしれっと家にいる。
平日には引きずらない気軽さが「サク旅」の醍醐味です。

1日目、朝に家を出て、2日目の昼に旅先でご飯を食べたら、
夜には家に戻って明日からの仕事の準備をしっかりして寝る、くらいの時間配分の旅。

【2】旅の目的は一つに絞ること。

旅先であれもこれもと欲張ってしまうとリフレッシュに行ったはずが、逆に疲れてしまうもの。
「サク旅」のルールはメインの目的を1つだけ決めてそれを達成すれば合格!ということ。

例えば「札幌で〆の夜パフェを食べる」が目的ならパフェを食べればもう目標達成。
残りのことはオマケ感覚で、ゆるゆると楽しみましょう。

【3】SNSをフル活用すること。

効率的な旅をするためにも、SNSはフル活用。
思い出をネットに投稿するまでが旅です。…というのは冗談だけど、
忙しい中でも充実した時間があることを後から思い出すためにも、
旅の大事な一枚を旅行中に撮ることを忘れずに。

(引用元:はあちゅう公式ブログ

  • 気軽に旅行の準備ができて
  • でも旅の内容は充実していて
  • 世界遺産を観光するよりもワクワクするようなお店に行って
  • 貴重な休みを大事にするため日曜の夜には家に着いている

こういう旅ならしてみたいと思いませんか?

私、毎年金沢には帰省しているので
東京出発の一泊二日 サク旅プラン@金沢を考えてみました。

ぜひ、サク旅・金沢旅行のプランニングの参考にしてみてください。

~1日目~

東京から金沢へ向かうための方法はいくつかあります。

飛行機 羽田空港→小松空港という方法もあるのですが
小松空港から金沢市内へ出るまでバスで40分程かかることを考えると
新幹線の方が断然おすすめ

まずは東京駅から新幹線で金沢へ。

東京ー金沢は北陸新幹線で向かうのですが
【かがやき】と【はくたか】の2つの新幹線があるので注意して下さい。

【かがやき】の方が【はくたか】よりも
停車駅が少ないため30分ほど早く到着します。

停車駅の詳細に関してはこちらを参照して下さい。

金沢駅に着いたらタクシーで移動して


白鳥路ホテルにチェックイン。

下の写真はエントランス。
いつもちゃんと生花が飾られています。

もう10年近くこのホテルを利用させてもらっていますが
その理由は

  • 温泉がある
  • お部屋がキレイ
  • 観光地や主要バス停までのアクセス抜群
  • 朝ごはんが美味しい から

またこれから紹介する兼六園、21世紀美術館へも
歩いていくことが出来ます。

ホテルに荷物を置いたら21世紀美術館へ。
私が訪ねた時の企画展はこんな感じでした。




※これは写真撮影OKのお部屋でした。

有名なレアンドロのプール

晴れてる時の外はこんな感じ。


このあとは、近江町市場ひがし茶屋街を回るのもいいでしょう。
写真はひがし茶屋街。



ただ、金沢生まれ金沢育ちの母曰く
近江町市場はかなり観光客向けの仕様に変わってしまったそう…

販売されているものの中には
以前と比べて価格が3倍になっているものもあります。

お財布と相談して楽しんで下さいね。

 

夜ご飯はいつもここ
ご覧のとおり、焼き鳥が絶品なんです。

魚介の美味しいお店もありますが
のどぐろは観光効果で高いですし
意外と都内で食べたほうがおいしいかもしれません。

~2日目~

まずは朝ごはん!と行きたいところですが
その前にホテルの周りをお散歩してみませんか?

ホテルのすぐ脇にある白鳥路。
これがホテルの名前の由来です。

白鳥の銅像も。

緑いっぱいなのにきちんと手入れされていて
気持ちのいい散歩道となっています。

ここを通って有名な兼六園へ。
朝7時から開園しているのでお散歩にピッタリ。




それに10時以降は団体の観光客でごった返すので
朝早い時間に行くとじっくり見学することが出来ます。

ホテルに戻って朝ごはん。



写真の他にも加賀野菜や金沢の伝統的なお料理が
ビュッフェ形式でたくさん並んでいます。

午前中には金沢駅に戻り
おみやげを物色。



夕方には東京へ帰りましょ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はサク旅の候補として金沢を選びましたが
大阪、京都、福岡、札幌など
有名観光地でのサク旅プランも面白そうなので
そのうち更新していきます。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です