手帳で人生が変わるって本当? 6冊の手帳を使いこなす達人に会ってきた

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

 

突然ですが

みなさん

手帳ってお使いでしょうか?

スケジュール管理やタスク管理をはじめ
家計簿や日記のように使っている方も多くいますよね。

中には

手帳で人生を変えた!なんて人もいて
おいおい、本当かよ…と
ブラックあさみは半信半疑でした。

 

一応、私はほぼ日手帳を使っているんですが

 

全然使いこなせていないんです。

ほらこれ見て。

語彙力が二歳児レベル。
ほぼ日であることが申し訳ないレベルで
ご覧の通りなんにも書けていないんです。

ちなみにチキンフライが気になる方はこちら。

浅草にある銀座ブラジルのチキンフライ

スケジュールは基本的にGoogleカレンダーで管理しているので
じゃぁ、ほぼ日手帳は何を管理しよう?という話になるのですが

そもそもちゃんと手帳を使いこなしたことがない私からすると

  • 何を書いたらいいかわからない
  • 手帳を使いこなす方法がわからない
  • 手帳=スケジュール管理じゃないの?
  • 手帳で人生が変わるって本当?

こんな感じで
一人じゃもうどうしようもできない。

 

そんな時にツイッターでこんな投稿を見ました。


6冊・・・だと・・・??

1冊も使いこなせない私からすると
6冊使いこなしている時点で
人間ではなくもはや神レベル。

ぜひその手帳術・ノウハウを教えていただきたいと思い
手帳アドバイザー(←勝手に名付けた)のしゅうともさん(@shu0821tomo )にお会いしてきました。

 

会うなりいきなり6冊の手帳を見せていただきました。

ほ、本当に6冊全部を使いこなしている…
すごい!!

写真も撮っていいですよー!と神対応の手帳アドバイザー。
やはり神。


(私の名前が手帳に…感無量)

 

いろいろと質問・アドバイスをいただいたので
以下にまとめておきます。

手帳を使う目的を決める

まずこれ。
ちゃんと目的を決めよう!ということでした。

私の場合、手帳に何を書いたらいいかわからない!
というレベルだったので

  • ブログの下書きやプロット、リライト前後の記録
  • noteの下書き、めも、テーマ
  • 作り置きレシピの内容

 

などと、アドバイスいただきました。

ちなみに、しゅうともさん。
まだほぼ日手帳を使ったことがないらしく
私の手帳を見ながら
「ほぼ日も買おうかなー」とおっしゃってました。
一般人の私には理解できないレベル。
まさに手帳のプロ、ですよね。

未来の自分のために書く

どうして手帳に書き留めるんですか?という私の質問に対して

手帳に書き留めないと毎日がふわふわ過ぎていってしまう。
手帳に書くと地に足がつく感じがして好き。

と、おっしゃってました。

未来の自分が今を振り返った時に
日々の小さな達成感を確認するためのツール
それが、手帳
なんだとも。

手帳ってもともと自分のために書くものだけど
なかなか書く習慣を身につけられない人も多いと思います。

でも、私はこの言葉を聞いて考えが変わりました。

未来の自分への投資という感覚を持つことができれば
手帳に書くことも苦痛じゃなくなりますよね。

自分のログを残す楽しさを知る

私は看護師という仕事柄か
記録を残すこと=カルテ=仕事=めんどくさい
という脳内変換が起きてしまってるんですが
しゅうともさんは違いました。

自分のログを残すことを楽しんでいたんです。
これは目からウロコでした。

やっぱ、好きなことや得意なことは
楽しんだもの勝ちだよなーと思います。

おわりに

しゅうともさんから頂いたアドバイスをもとに
今日、私が書いた手帳がこちら。

これ、15分くらいで書けました。

あの語彙力二歳児レベルの手帳から考えると
中学生くらいにはなりましたよね…??

それに一番よかったのは

手帳を書いている時間が
楽しいと思えたことでした。

どんどん手帳を習慣化させて

私も手帳で人生が変わりました…!

ってドヤ顔したい。
がんばる。

 

改めてしゅうともさん、
本当にありがとうございました!!

しゅうともさんのSNS・メディアはこちら
Twitter:@shu0821tomo 
Instagram:instagram.com/shu0821tomo/
Blog:https://lineblog.me/tomoyo_shutou/
Facebook:https://www.facebook.com/tomoyo.shutou

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です