どんなに好きでも、仕事にならないことだってある

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

唐突ですが数年前から

好きなことを仕事にしよう自分の強みをいかそう

というブームがありますよね。

これを否定する気は全くないのですが、中には仕事にならない時もあるとも思うのです。

 

というのも、私が卒業した看護学校の中で、唯一、助産師になるためのカリキュラムを受講した男性がいました。

もちろん、今の日本の法律上、男性は助産師になれません。
(産科・婦人科の医師はもちろんOK)

それを承知の上で教授・学校・実習をする病院と連携をし、彼は助産師のカリキュラムを全て受講することが出来ました。

当時、助産師の実習では10名のお産を取り上げなくてはならず、その調整に教員や臨床の看護師さんが奮闘してくれたそうです。

助産師になるためのクラスの中では、彼がダントツの成績でした。
ただ、当然ながらカリキュラムの受講認定はおりないため単位を取得したことにはならず、助産師の国家試験を受ける権利も与えられません。

実習を行った病院に就職しましたが、肩書きはあくまで看護師。
念願の産科に配属されますが、助産師業務は出来ません。

 

この話を思い出すたびに資格うんぬん、性差別うんぬんではなく市場での価値が仕事になるかどうか決めるよなと思います。

仮に、日本で男性助産師が認可されて、国家資格を持った男性がいたとしても、はっきり

需要がないんです。

こればっかりはどうしようもない。

もし、自分が夫の立場だったら、男性の医者、男性の助産師に囲まれて、陣痛に耐えながら足を開いている妻を見れません。

ナースあさみ

女性の助産師さんは、いないんですか?

って聞いちゃいます、きっと。

差別とかLGBTの観点をどんなに考慮してもこればかりは、もうどうしようもないと思うの。

いまだに女性の看護師さんがいいです!って言う人も、一定数いますからね。

 

ちなみに、会陰切開も縫合も医師しか出来ません。
メスとクーパー(医療用ハサミ、先がめっちゃ鋭利)は助産師も持てないんです。

こうやって考えると残酷かもしれませんが、日本では、男性助産師は永遠に誕生しないと思います。

 

自分の市場価値から仕事や働き方を考えるという点では、こちらもおすすめ!

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です