緩和ケアのプロが最期に伝えたかった、たった1つのこと

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

 

前にTwitterに載せたこれ。

私の中でも少し整理がついてきたのでブログに残しておきたいと思います。

そもそも緩和ケアとはなんぞや?を話していると、ブログが終わらないので割愛。
知りたい人はこちらから。

参考 緩和ケアについて理解する国立がん研究センター がん情報サービス

 

ことの発端は先輩の話。

大学病院時代の先輩で今でも月1に会っている先輩がいます。
彼女はとても優秀で緩和ケア認定看護師というナースの中でも更に専門性を高めたナースなんです。

これがいかにすごいかを語るのも割愛…!
リンクだけ貼っていくおくので気になる方はどうぞ。

参考 緩和ケア学科日本看護協会

 

その彼女の同期、同じく緩和ケア認定看護師の資格を持っている方が今年の4月、37歳で亡くなったそうなんです。

小林麻央さんと同じく乳がんで。

先輩のグリーフケアをやっているような雰囲気の中でこの件について、先輩や同期と1時間くらい話し合いました。

 

 

要点は以下。

  • 積極的治療(手術や抗がん剤)から緩和ケア(症状緩和)へ移行すると決めた時、彼女はどんな気持ちだったんだろう。
  • 緩和ケアを提供する側から受ける側へシフトすることのつらさ
  • 緩和ケアのプロだからこそ、予測できた症状や未来への心理的葛藤

 

それぞれを文章にすると、自分でも読むのが嫌になるボリュームになるのでここも割愛。

 

その中でも、私のブログで伝えたほうがいいことがひとつあったので、今回はそれだけ書かせてください。

それは、彼女が最期に伝えたかったこと。

 

 

 

それが

私を忘れないで

だったそうなんです。

これを聞いた時に私は真っ先に小林麻央さんを思い浮かべました。

 

これは私の想像・解釈ですが、麻央さんがブログを始まるとき、一番に願ったことはこれだったんじゃないか、と思うんです。

ブログをスタートさせた時、既に積極的治療は難しい状態だったと思います。緩和ケアにシフトし、出来るだけ苦しくなく穏やかに日々を過ごしていく。

いつかくる死。それが、もうすぐそばまで迫ってきている恐怖。
できなくなることが増え、生きる意味を問う日々。

そんな中で

生きてきた証を残したい
忘れられたくない

この思いでブログをスタートさせたんじゃないかと思うんです。

ブログには当時の闘病や写真が載せてあり、亡くなった時にはもの凄いPVを記録したはずです。

彼女の本意かはわかりませんが「乳がんにより34歳の若さで亡くなった小林麻央さんは」日本人全員の頭にインプットされたはず。

きっと、乳がんの話題になる度に小林麻央という名前が出てきて人々の記憶の中にしっかりと根を下ろすでしょう。

 

 

ここから、話のベクトルを少し変えますね。

緩和ケア認定看護師の彼女も小林麻央さんも、若くしてがんで亡くなるなんて可哀想と感じる方が多いと思うのですが
私はそう思いません。

むしろ、死に方としてのがんはそこそこイケてるんじゃないか、と思うのです。

鈴木おさむさんもかわいそうじゃないとおっしゃてますが、私もそう思います。もちろん、がんになって、亡くなってしまったことは残念ですが、がん=かわいそうとは思いません。

がんって痛くて苦しくてつらいいというイメージが先行している風潮があるのですが、一方で

 

死ぬまでに時間的猶予のある病気

でもあるんです。

 

心筋梗塞や脳梗塞では、それこそ数分で亡くなってしまうこともあります。遺されたご家族も、何がなんだかわからないままお通夜、告別式を終え、悲しむ間もないまままた日常に戻っていく。

事故や災害だと考えるまもなく一瞬。

他の病気も数日~数週間で天国へ行ってしまいますが、がんは年単位で闘病していくことの多い病気です。

だから、死ぬまでに時間的猶予があります。
(心的余裕はないと思いますが)

私はこれをがんの一種のメリットだと思っています。

 

先ほど話していた緩和ケア認定看護師の彼女も、死ぬまでにやりたいことリストを作って、どんどん夢を叶えていったそうです。

そのリストに中には、「石垣靖子先生(緩和ケアの分野でいう神)に抱きしめてもらう」というのがあって、それを聞いた時点で私も同期も目頭が熱くなってしまいました。

彼女はナースとして抱きしめてもらいたかったのか。
いや、患者として?
いやいや、一人の人間として・・・?

実際に彼女は、この夢を叶えたそうです。

こうやって夢を叶えていけたのも死という期限があったから。だから、夢を叶え続けられたんだと思います。

 

 

亡くなった彼女の最期の願いである、私を忘れないで。

その夢を叶えるために、私ができること。

それは、こうしてブログに書くことだと思い、書かせていただきました。

 

今はネットやSNSですぐに情報をシェア出来ます。

と、いうことは、その人が生きてきたプロセスや体験である人生(物語)をシェアすることも可能ですよね。

 

そうそう、先ほど出て来た石垣靖子先生。彼女の講演の中では、必ず

物語られるいのち

という言葉を話します。

私たち一人ひとりが歴史であり、後世へ語られるべき存在である、という意味です。

昔は野口英世やヘレンケラーみたいに、歴史的に大々的なことをしないと後世まで語り継がれませんでしたが、今は違います。

一人ひとりがネットと繋がることによって
ネットで誰かと繋がることによって

みんながライターになり
みんながカメラマンになり
みんなが音響さんになり
みんなが照明さんになり
そしてSNSやネットで発信、拡散することで

みんなが物語られるいのちになれるんです。

 

これって、すごくですよね。

未来から今振り返ると、毎日の暮らしや所作って、自分がいなくなった時に忘れられないための努力を重ねているだけのかもしれませんね。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です