転職で迷子になっている看護師のあなたへ

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

看護師として、働いていると毎日のように聞くセリフがあります。
それは

看護師

仕事やめた〜い

です。

もちろん、100%希望通りの職場で働くなんて難しいと頭はでわかっていますが、それでも不満は募る一方。
そうでなくても

  • 今の職場、もう飽きたよ〜
  • 他の分野で働いてみたいな
  • 人間関係が厳しいよ〜
  • もう少し待遇のいい職場ってないかしら?
  • キャリアアップしたいな〜

と、常日頃から思っている看護師も、多いのではないでしょうか?
ただ、いざ転職しようとすると

・やらなければならないこと
・考えなければならないこと

がたくさんあります。

というのも、実は私も、大学病院を6年勤めたあと転職サイトを使って転職した経験があります。
当時も今と同じように転職サイトが山のようにあって(!)正直、どこがいいのかわからなかったんです。

いろんなサイトを比較し、自問自答を繰り返した結果、そこそこ満足のいく転職ができました。

そこで!

私の経験と、こうしたらもっと良かったな〜!を合わせて最強の転職フローを考えてみました。
転職に悩める看護師の参考になったら嬉しいです。

転職の準備は半年前から

多くの病院・施設がそうですが、看護師の人数が圧倒的に足りていません。
だからなのか、求人が365日出ていますよね。

そういう背景を肌で感じているせいか

ナース1

私が辞めたらスタッフにしわ寄せがいくかもしれない
ただでさえ有給が少ないのに、私が辞めたら同僚がますます休みが取りにくくなるかもしれない

ナース2

辞めるときにこういう考えが頭をよぎり、心が傷むかもしれません。

でもね、これあなたのせいじゃないから悩む必要なし!!

人員を確保できないのは、適切な雇用やリクルーティングを行っていない組織のせいだし、看護師の人数が足りないのは、社会的な問題なのですぐに解決できません。

だから、あなた1人が辞めたからといって、どうってことありません。
大丈夫、大丈夫!

ただ、まともな組織であれば、新人の頃から教育(=要は投資ですね)したあなたを手放すのはとても惜しい。
出来るだけ組織に貢献してほしい!と思うはず。

だから、あの手この手で残留を促してくるでしょう。

見出しで半年と言いましたが、交渉期間としての半年です。
だから、半年前に伝えるんです。

それから、辞めたい旨を伝える時は当該師長や上司に言うのではなく、あなたの所属する組織のトップにいいましょう。
看護部長やその他の管理職ですね。
師長は、普通の組織でいう課長みたいなものなので、退職に関しての決定権・采配はありません。

なので、退職の意思はトップへ伝えましょう。

それから、看護師にそのまま適応できるかといえば難しいのですが、一般職の退職に関して素晴らしい記事があるのでぜひ参考に。

参考 退職完全マニュアルnoteかんねこさんのnote

現職の辞めたい理由を明確にしておこう

おそらく、退職理由の多くが人間関係ですよね。
待遇や社会保障が理由で辞めた人なんて、聞いたことありませんから…

ここで大事なのが、転職して職場を変えても嫌な人はどの職場でも必ずいることです。

個人的見解ですが、看護師は気が強い人が多いし、お局感ある人はどうしてこんなに意地悪なの?ってくらい、性格歪んでますよね〜

でも、そういう人はどこにでもいます。
転職したからといって、いなくなるわけじゃありません。

ここは、転職に対してあんまり夢を見ない方がいいと思います。

 

ちなみに、私が前の大学病院を辞めた主な理由も人間関係でした。

他にも理由はありますが、当時の上司を信頼できず、そういう上司を評価している組織にも不信感を抱き退職に至りました。

部署異動や系列の病院にうつることも考えましたが、こうしてブログを書いたりご飯を作ったりするなど、個人の活動にも注力したかったので、自分の意思でシフトが組める雇用形態を求め、病院を離れた次第です。

ただ、自分の発信を仕事にしていきたい!と伝えても、頭の中が昭和で止まっている上司には何も伝わらないだろうと思い、
無難に訪問看護がやりたいです、て言って辞めましたね。やってませんけど。

 

それから辞める時、両親をはじめいろんな人から

  • 大学病院のキャリアを捨てるなんてもったいない!
  • 看護師といえど、正社員じゃないとキツいでしょ?
  • キャリアが途中でとまると、再就職しにくいよ

って散々言われました。

でもね
負けないでください。

自分の働き方を、もっと言うと自分の幸せを決めるのは自分自身です。
両親でも先輩でも同僚でもありません。

ちょっと脱線しますが
私の持論に

口を出すなら、金か手も出せ

があります。

そうやって、言ってくる人に対して

うん、私やりたいことやるの!
私の暮らしや生活が心配だと思うなら、月額5万ちょうだい!

って言ってみてください。
誰も払ってくれないと思います。

そういう人の話は聞かなくていいです。

みんな私を心配なフリして、本当は自分がハラハラしたくないだけ。
私をネタにしているだけなんです。

周りからの意見も、私を心配しているのか、自分が心配したいだけのか、きちんと見極めましょう。

転職サイトは複数登録しよう

看護師1

いきなりメールや電話がたくさん来るの、怖いし嫌なんですけど……

って気持ち、よくわかります。

でもね、同じ案件でもお給料が変わったりするんです。

それは、転職サイトと案件を載せている病院や施設の取り分や契約のせい。

だから、複数のサイトに登録してみましょう!

転職=引っ越しと同じだと思ってもらえるといいかもしれません。
ちゃんと、自分で比較・検討しましょう。

すぐに担当者からデフォルトの返信メールがきたり、電話が突然きたりすると思いますが、その対応に関しては次のセクションで。

転職会社のリズムに振り回されないようにしよう

はい、登録したらやってくるのが、鬼のようなメールや電話ですよね
これにビビらないでください。

メールや電話にはすべて目を通し、返信しなくしゃ!対応しなくちゃ!と思っている人が多いですが、そんな必要はありません。

このコミュニケーションは、強制じゃありません。
不快なやりとりは、無視してOKです!

無視したら関係がこじれるんじゃないか?と思う人もいそうですが、そもそも0の関係である私たちがそこまで考える必要なんて、まったくないです!
メールも電話も、自分の都合で選んでいいんです。

ちなみに、私の場合は

・夜勤専従の案件
・シフトを自由に組める
・自宅から1時間以内
・電話対応不可

の条件を、すべてのサイトの応募メッセージに書きました。
この時点で電話連絡をよこしてくるところは必然的に速攻アウトですよね。
電話対応不可って書いてあるでしょ!っていう……

こういう感じで振り分けていって、とある転職会社で契約を決めることになります。

担当者さんとの相性を一番に優先しよう

前のセクションの続きになりますが、メール、もしくは電話の対応や態度・言葉選びで担当者との相性を見極めましょう。
なんか合わないかも…と思ったらどんどん次へ!

こっちも転職という人生の選択をかけているんです。
不毛な人との時間を過ごしている時間はありません。

相手も人間なので相性というものが必ずあります。
合わない相手と我慢して付き合うより
合う相手とテンポよくいきましょう!

人間関係は選べないことを知ろう

待遇や条件、年収をいくら調整しても人間関係は働いてみないとわかりません。

しかも、人間関係マトリックス(力関係)は働いて、しばらくしないとわからない。
困ったものです…

  • あの人が、ここのお局ね。
  • あの人、優しい印象だけど効率的に業務をするのは苦手なのかしら?
  • とにかく残業しないことが最優先の人なのね…!

という感じでしょうか。

追い打ちをかけますが、それがわかったところで自分1人ではどうにもなりません。
自分が変えられるのは、自分だけ。

もし、転職先の人間関係に違和感を覚えたら、無理せずに次の転職先を探しましょう。
求人はたくさんあるから大丈夫!

必ず、病院や施設の見学しよう

面接時でもOKですが、必ず病院・施設の見学をしましょう。
病院のパンフレットや募集要項には載っていないことを自分の目で確かめるためです。

スタッフ用のトイレがなかったり
エレベーターは職員使用不可だったり
院内のコンビニの充実度がイマイチだったり
虫が多かったり
働いている職員の顔が疲れていたり

私たちナースは、人間の観察をするのが仕事。
ここでも大いに役立てましょう。

 

また話が脱線しますが、個人的に必ずみるポイントがひとつあります。
それは

女子トイレの汚物箱の中です。

だいたい、使い終わった生理用ナプキンやタンポンが捨てられているんですが、その捨て方を見ます。
ちゃんと包んであることが前提ですが、そうじゃない捨て方をしている人もいますよね。

それから、使い終わった目薬やコンタクト、飴ガムのゴミ、いやこれは普通のゴミでは…?ってものが捨てられていると、あぁ…って思います。

ゴミ箱の中にその組織のリテラシーがつまっているんです。

だから、あまりにも酷いなと思った場合には候補から外していました。

あさみオススメの転職サイトや会社とひとこと

ここで、私が登録して好印象だった転職サイト、会社をご紹介します。

マイナビ看護師



検索でも必ず上位に食い込んでくる、マイナビ。

ここは取り扱い案件が多いため好条件やレアな案件も多いです。

あとは、マイナビのサイト自体が転職に関する良質なWebメディアになっているので、記事や体験談を読むだけも、参考になるかと思います。

マイナビ看護師のサイトはこちらから

MCナースネット



ここは、病院以外の特殊案件が多い印象でした。

今、看護師として正社員で働いている人でも、イベントナースやツアーナース、検診の仕事など単発でできる案件が多いので
副収入を得たい人に向いていると思います。

看護師ってこういう場所でも働けるんだ…!と、思えるような案件がたくさんあるので、募集要項をみてるだけでもおもしろいです。

MC─ナースネットのサイトはこちらから

スーパーナース

あんまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、私はここで転職先を探してもらい、今も契約を続けています。

ここは、前の職場の先輩に教えてもらいました。
やっぱり口コミ大事…!

担当者の方が丁寧ですし、健康診断や看護師賠償制度についてもこまめにサポートしてくださいます。

google検索でトップページに上がってこないからこそリアルな体験や口コミを大事にしているそう。
そういうところも気に入ったポイントです。

スーパーナースのサイトはこちらから

 

転職で変わるのは、職場じゃない

ここから、まとめを。

いくら都心に出て、前回の物件よりも高いところに住んでも、自分が変わらなければ前の暮らしと変わりません。

転職はあくまでもきっかけ。
変わっていくかどうかはあなた次第だし、変わるかどうかを決めて行動するのもあなたです。

たぶん、転職も引っ越しも含めて、あなた自身が変わっていくことが、充実した毎日への一番の近道です。

それから、転職会社・サイトへ過度な期待をするのはよしましょう。
今よりもいい職場があるのではなく、今よりもいい職場にあなたがしていくんです。
それくらいの心持ちがないと、転職はうまくいかないと思います。

むしろ、転職会社・サイトを壁打ちしてくれる相手と思うくらいで、ちょうどいいかもしれません。

壁打ちという言葉に慣れていないなら、相談相手、コーチングの相手と思ってもらってOK!
あなたの転職したいと思う理由、理想の条件とその優先順位を可視化してくれ、探してくれる人だから価値を感じているし、仲介料としてお金を支払うんですよね。

もし、ここがクリアになっている人ならば、自分で直接医療機関にいって面談・交渉もアリだと思います。
(次に私が転職するなら、この方法にしようと思っています…!)

 

転職をきっかけに、あなたの人生が飛躍的にアップデートすることを心から願っています。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です