高校生でもわかりやすく学べる医療系漫画シリーズはこれだ!!

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

先日、知り合いのお子さんが看護師を目指しているということで

知り合い

高校生でもわかりやすく学べる
医療系のマンガってなんか知らない?

と、質問がありました。
そこで!

  • 学生時代にお世話になったマンガ
  • 今も好きで読んでいるマンガ
  • 医療の勉強のためでだけではなく、マンガとしてもおもしろいマンガ

このあたりをご紹介していきます。

 

はたらく細胞:細胞の業務内容がわかる漫画

これはたまたま古本市で見つけたのですが、ほんと好き。
ちなみに

表紙の白い人=白血球
           赤い人=赤血球
と、なっています。
白血球がイケメン風に描かれていますが、その作用も本当イケメンで惚れそうになります…

主に免疫系の内容が多く、その仕組みや流れがアクティブかつ丁寧に描かれています。

  • 風邪をひいたとき
  • くしゃみをしたとき
  • 傷が治るとき

こういう時、身体の免疫たちがどんなふうに頑張ってくれているかを知ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

看護学生さん向けに言うとヘルパーT細胞やキラーT細胞の違いもきちんと描写されています。

獲得免疫についても描かれているので分厚い解剖生理学の教科書よりも、よっぽどためになるかと!

人のいのちの終焉についてよくわかる漫画

タイトルがだいぶ怖いかもしれませんが死を考えることは、生を見つめること

大きくわけて

  • 感染症で死ぬこと
  • がんで死ぬこと
  • 生活習慣で死ぬこと

の3つで構成されています。

 

 

 

 

 

 

 

作者の森皆ねじ子さん。
一般の人からしたら有名ではないかもしれませんが医学生、看護学生はかなりお世話になっているはずです。
というも、森皆ねじ子さん御本人がお医者さん兼漫画家さんという方だから。

今回、紹介した本以外にも医療系の著書を多く執筆しています。
(どれもわかりやすくてオススメ!)

医療用語は満載ですがマンガを用いてわかりやすく成り立ちや歴史、仕組みを解説してくれています。
おすすめです〜

取材力抜群!the王道の解剖漫画

the 王道です。
最近またNHKの特集で人体をやっていますよね。
お金をかけて取材し編集しているので、ほんとよく出来ている…!
 

私が持っているのがだいぶ古いタイプ…
最新版はこちらから。

 

そして、NHK監修ということで映像もほんとおすすめ…!!

私は実家で録画してもらったものをことあるごとに見直しています。
CG炸裂で、ほんと自分が体内を冒険しているような感覚になります。

 

まとめ

医療系の本って情報量が多いので、どうしても文章ばかりになってしまうんですが
イラストや漫画で少しでも中和されてると読み手としては嬉しいですよね。

漫画でも、うっ…と感じる人もいると思いますが、それほど、人の身体の仕組みは複雑ですごいんだ!と、ポジティブに捉えてもらえると嬉しいです。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です