ノロウィルスが広まると困る理由とおうちでの対処法について書いたよ!

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

 

ただいま、年末年始&季節性も重なって
私の病棟で絶賛ノロウィルスが蔓延中です…!

もういろいろ大変なんですが
どう大変かが一般の人には伝わらないと思ったので

皆さんにも理解しやすい◯◯で
感染症について考えていきます。

そして、おうちでの対処法についても書きました。

参考になれば!

 

 

ノロウィルスが広まると、なぜ◯◯がかかるのか

そう。こう書くとバレバレですが

 

ノロウィルスに限らず、感染症が広まると

めっちゃお金がかかります。

 

もちろん、命が一番大事。

インフルエンザの予防接種だって
高齢者や子ども、妊婦さんがかかると
重症化して死に至る危険があるので
存在しているわけです。

 

でもね、やっぱり先立つものはお金じゃない?
さすがの日本でさえ保険証がないと
医療費10割の支払いですからね。

いつも、私たちが払っている医療費は自己負担分の3割。
なので、いつも正規価格の7割引なんですよ〜!

みんな、知ってた?

 

 

話を本題に戻しますね。

 

感染症が広まるとどうしてお金がかかるか。
これを、私の行動パターンからお伝えします。

 

 

物品にコストがかかる

感染症のいる患者さんの部屋に入るたびに

マスク、ガウン、手袋を(施設によってはゴーグルも)装着して
処置やケアが終わるたびにすべて捨てます。

よく、海外の医療ドラマの役者さんたちが
えらい防御感ある服を着てるでしょ?
あれです。

 

もったいないという問題ではなく
繰り返し使うこと=感染を広めることになるので
こういう対応になります。

特にノロウィルスは飛沫感染、接触感染するので
触れたところ=アウトと医療者はみなします。

感染を起こした患者さんは、基本的に個室管理。
もしくは、同じ感染症の場合は大部屋にまとめて隔離するんですが
そのたびに、上記の装備をして部屋を出るたびに捨てます…!

 

だから、認知症の患者さん、メンヘラの患者さんが仮に1分おきにナースコールを押してきても
感染管理の面からいっても正直対応しきれないというのが現状です。

他の患者さんが感染を起こした場合
ほぼ私たち医療者が媒介しているケースが多いです。

必要な処置やケアは、もちろんするけれど
出来るだけ感染している患者さんとの接触頻度を減らす必要があるんですね。

 

 

なかなかいいたとえが見つからないけれど
生ゴミをなんども開けたりしないでしょ?

一度、しばったら家の影になるような場所において
ゴミ捨ての日に出すはず。

気持ち的にはそういう感じです。
あくまで気持ちね、気持ち。

 

一応、私たち医療者が使っている物品を置いておきます。

マスク

1枚だけでもいいんですが
なんとなく2枚重ねる人もいます。
(私は重ねる派)

エビデンスはありませんが…

手袋

私は、吸引(鼻や口の粘膜から管をいれて痰を吸う処置)やオムツ交換の時は
めくるコットン的なスタンスで3枚手袋を重ねたりしています。

汚れてもめくればまた下に手袋があるのでいろいろ安心。

この時は、いつもよりワンサイズ大きめの手袋をすると
きつきつにならずに済みます。

 

エプロン

空気感染のウィルスに感染している患者さんの触れるときは
マストのアイテム。

まずは袖なしから。

 

こっちは袖あり。
ビニル性で蒸れるので
10分もするともう汗だくになります、冬でも。

 

さすがに、おうちで全部揃えるのは難しいので
最近ではこんなキットも売ってます。

いろいろ入ってて便利。

 

仮に1時間ごとに部屋に入って処置や対応、ケアをするとなると…
って考えると、結構なお値段がかかることがわかると思います。

 

 

業務が増える

私たち医療者従事者は、マニュアル上
患者さんに触れる前、触れた後に
アルコール消毒をするんですが
普段の業務の中では100%守れていないのが現状です…

ちなみに、普段はこんなのを使っています。

速乾性手指消毒剤 サラヤンジェルSH1 250mLポンプ付

ただ、やっぱり高いよね…
家庭ではいつも買えるものではないと思うので
下記のものでもいいかと!

 

 

忙しくなると
患者さんからのナースコールを優先するし
なりっぱなしのナースステーションの電話を取りたいし
え?いま?というタイミングで医師から指示が出されたりします。

 

でも、感染症が流行ると
アルコール消毒だけじゃイマイチなので
流水下での手洗いの優先順位が高くなります。

そして、この手洗いは
ちゃんとやると最低でも2分はかかる。

衛生的手洗いってところを見てね↓↓↓

参考 手指衛生についてサラヤ

 

この2分の間にできることがたくさんあるんですよね…!

なのに、いちいち水道のある場所まで行って
ちゃんと手洗いしてまた業務に戻るってことを
繰り返し何度もやるので、普段の業務効率よりも落ちるというわけ。

ナースコール呼んでもなかなかこないよ〜
って時は、だいたい手洗いしてます。

さすがに泡だらけの手で医療用PHSは持てませんから
ここは待ってほしい…!

 

 

医療スタッフが手薄になる

医療従事者って強そう!
って思われることがなぜか多いんですが

普通に私たちも人間なので
どんなに気をつけていても
感染する時は感染します。

ただでさえ、業務が増えるのに
スタッフが感染すると…!!

ってことが多々あります。

特に、病院の看護師は
いつも人手が足りません。

そんな中、病欠するスタッフが出てしまうと
ただでさえギリギリでシフトを組んでいるのに
さらに人が減ってしまうので

ケアの担い手が手薄になるんです。

つらい。

 

家族がノロウィルスに感染した場合の対処法とは?

さすがに病院管理までは難しいと思うので
家でできる範囲で考えてみました。

 

食器は分けて洗う

めんどくさいかもしれませんが
感染者の食器は、他の人とわけて洗いましょう。

できたらスポンジも別にした方がいいと思います。

病院では、紙の食器&コップにして
都度捨てているレベルです。

包丁やまな板を介すと
家族全員全滅することもあるので

 

トイレをキレイに

家の中での圧倒的感染源はここです。

特に、小さなお子さんがいる家庭では
いろんなところをベタベタ手で触ってしまうので
防ぎようがないところもありますが…

吐物や汚物がでたらすぐに流すこと。

 

 

消毒ガーゼを作ってこまめに掃除を!

市販されている塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムを含むもの)を使って
消毒ガーゼを作り、トイレやキッチンなどをこまめに掃除してみてください。

掃除した際の消毒効果は8時間と言われているので
ほんと、こまめな掃除&消毒が鍵となります。

ガーゼの作り方はこちらのサイトに。

参考 消毒液の作り方と使用上の注意(次亜塩素酸ナトリウム)きむら内科小児科クリニック

 

それから、今の病院で使っている消毒液&石鹸の会社がうまくまとめてくれているサイトがあります。
頑張れる方はこれを参考にしてみても!

参考 ノロウィルス感染症とはSARAYA 家庭用製品情報

 

まとめ:うがい、手洗いなど安くて家でできることは
やっておいた方が後悔しない!

これにつきますね…

もし、感染してしまったら家で安静にすること。
こまめに水分をとって、脱水症状っぽくなったら
病院にいって点滴してもらってください。

 

早く流行が落ちつくといいですね…!!

 

 

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です