#メモの魔力 前田さん&箕輪さん 出版記念トークショー

どうも、ナースあさみ(@asami300765)です。

 

先ほどまで、「メモの魔力」出版記念として行われた
前田裕二さん箕輪厚介さんイベントに参加してきました。

 

 

 

以下、私のメモを残しておきます。
(#メモ魔 のフォーマットは完全無視。ごめん。)

なるべく私の意見や解釈をいれず
おふたりが話していたことを
そのまま書いています。

イベントに参加できなかった方の参考になれば!

 

 

発売3日間で7万部。
昨日、7万部の増刷が決定するも
市場ではすでに品薄状態に。

初速がいい理由は?

前田さん(以下、前田):欲しいマグマをめっちゃ溜めた。
箕輪さん(以下、箕輪):1年かけて需要を貯め切った。人生の勝算から1年以上経っているしね。

箕輪:前田さんは場外ホームランを打つタイプ。落合陽一さんはヒットをたくさん打つタイプ。それでも、3万の数字を持ってるけど。

 

箕輪:Twitterとリアルとの接合力が強くなってる。ここ1年近くで変わった。昨日の水曜日のダウンタウン、クロちゃんの事例とかそうだよね。


箕輪:キンドルもあるけど、今回は本の良さがある。
前田:うん。モノとして価値がある。表紙めくっていただいたらわかるんですけど、僕のメモがびっしり載ってるんですよね。

箕輪:帯もめっちゃ考えたの。前田さんは世界観重視派だから反対されると思ったけど、売るためには白い帯にしてビジネス書っぽくしたかった。で、提案したらすぐにOKしてくれたんだよね。そのバランス感覚がすごい。

 

箕輪:次の重版からある仕掛けをしてる。めっちゃ細かいけど、気づいてくれたら嬉しい。(イベントでは詳細を話してくれましたが、ツイートNGでした!)

前田:具体→抽象→転用は思考の矯正ベルト。フォーマットを叩き込んで頭が覚えれば転用までが早くなって質もあがる。

 

前田:解くべき強烈な課題を持っている。例えば、メモ魔を100万部売るとかね。だから、行動や問題解決までが早い。

箕輪:人によって転用が得意な人、抽出が得意な人、それぞれいる。宇野さん、佐渡島さんはきっと抽出が得意。一方、俺や前田さんは転用が得意。

 

箕輪:前田さんが尽きないのはなんで?いろいろおかしくない?
前田:コンプレックスや怒りを昇華してる。個人的なものじゃなくて社会の怒り。例えば、耳が聞こえないなどハンディキャップのせいで、社会を上昇出来ないなんておかしい。そんな理由を作りたくない。

 

箕輪:ここまでムーブメントを起こしたり、仕事に熱狂できるのは文化祭のノリで楽しくやってるから。普通、営業やデザイナーが仲違いしちゃうことが結構あるんだけど、もうみんな一緒にメッセージグループにいれちゃう、俺は。もうみんなに投げてるだけ。あとよろしく!って。そしたら、みの編まいちゃんとか、動画チームがうまくやってくれる。ここがオンラインサロンのいいところだよね。お金払ってるわけじゃないから、強制じゃない。誰かわかんない大学教授のテープ起こしなんて、お金払わないと誰もやってくれないけど、前田さんのテープ起こしはみんな手があがるんだよ。みんな勉強になるし楽しいからモチベーションが続く。会社の上司だってそうでしょ?

前田:そう、あのメッセグループが会社みたいで、ほんとやりやすかった。100万部売れて終わっちゃうのが悲しい…
箕輪:いい人、どんだけいい人なの…!(会場爆笑)
前田:毒の要素はきっと幼少期に吐き出した。だからかな?

箕輪:コミュニケーションツールが古いとはもう関わりが成り立たない。メールじゃなきゃいけないとか、もうそれだけでめんどくさいもん。

前田:ポールペンで書くのは、散った思考の残しておけるから。今話していることも、10のうちのひとつ。残りの9割をメモに残す。プロセスも残しておきたい。昨日(12月26日)のスッキリに出た時は、メモを撮りたいって言われたのであんまり書けなかったですね。

箕輪:前田さんはメモによる思考のストック量が異常。だから、秋元さんや他の業界の人からもアイデアマンとして重宝されてる。とりあえず、呼んでおこうよって言われる人になると強い。

 

 

以上、こんな感じ。

 

残りの様子はTwitterで、#メモ魔 #メモの魔力 で検索して頂くのと同時に

#前田大崎 or #大崎前田をみると
参加者からの質問にできるだけ答えてくれるそうなので(前田さん神)
こちらも合わせて追いかけてみてください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です